母の日プレゼントCAFE

名産地から選ぶお茶選びのポイントト【母の日に贈りたいお茶選び】

新茶が待ち遠しい!名産地から選ぶお茶選びのポイント

名産地から選ぶお茶選びのポイント【母の日に贈りたいお茶選び】のイメージ画像

母の日にお茶をプレゼントするとき「香り良し!」「味良し!」「高級茶!」など書かれているだけで選んでいたりしませんか?
お茶は北は岩手から南は沖縄まで全国で栽培されていて、もちろん全てが香りが良くて味も良いものばかりです。

でも、産地によって甘みや渋み、コク、色などが違うから、その産地のお茶の特徴を知らないと、お母さんの好みに合うお茶が選べません。

名産地と言われるおすすめのお茶の香りや味を紹介しますので、母の日のお茶ギフトを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

お茶のイメージ

【かごしま茶】

かごしま茶はその名の通り鹿児島県で栽培されているお茶です。
南国の暖かい気候を利用して4月上旬から茶摘みが行われていて、日本一早い新茶が出荷されます。
鹿児島では他に類を見ないくらいたくさんの品種のお茶が栽培されていて、収穫された茶葉は熟練の茶師によってブレンドされ、それぞれの品種の特徴が活かされたブレンド茶として販売されます。

一つの品種では出せなかった味や香りが表現されていて、お茶が苦手なお母さんでも飲みやすいでしょう。
かごしま茶の中でおすすめなのが「知覧(ちらん)茶」です。

透き通った若緑色をしていて爽やかな香りがあり、内閣総理大臣賞や農林水産大臣賞など数々の受賞歴がある銘茶です。
ブレンド茶以外では「あさつゆ」が人気が高く、天然玉露と呼ばれるくらい玉露に近いトロッとした甘みがあります。
あさつゆはこのまろやかな甘みと渋みのバランスが良く、洋菓子と一緒に飲みたくなるお茶です。
洋菓子好きなお母さんにはぴったりでしょう!

【伊勢茶】

一般的な産地では年に3~4回の茶摘みを行いますが、伊勢茶は年に2回しか行わないので茶葉が肉厚です。
肉厚な葉を使用しているから濃厚な香りと味が楽しめ、2煎や3煎にしても味が落ちにくく、濃くて美味しいお茶が飲めると評判です。

伊勢茶は伊勢神宮で知られる名水「宮川」「櫛田川」の綺麗な水と、日中の気温差があるお茶に適した環境で育てられた、100%三重県産の茶葉で作られたお茶です。
伊勢茶と言えば長い時間じっくりと蒸して作られた「深蒸し茶」と、旨み成分をたくさん含んだ「かぶせ茶」が有名で、かぶせ茶の生産量としては全国1位を誇ります。

伊勢の深蒸し茶は濁りのあるうぐいす色をしていて、一般的な製法よりも長い時間蒸しているので、味が濃くて旨みと渋みが調和しています。
かぶせ茶は別名熱湯玉露と呼ばれていて、ポットの熱湯でも玉露のようなまろやかでさっぱりした味が楽しめます。
毎日が忙しいお母さんに美味しいお茶をプレゼントしたいと言う方には、ぴったりな母の日ギフトになるでしょう。

【八女茶(やめちゃ)】

八女茶は福岡県の南部に位置する八女市を中心に、福岡県内で作られたお茶です。
九州最大の筑紫平野を流れる矢部川や筑後川流域の大自然で育った茶葉は、お茶の旨み成分を多く含むと言われています。

香りが豊かで濃厚な味がする八女茶は、全国の茶品評会で常に上位に入賞する高級茶として名声を博しています。
八女茶の中でも伝統本玉露と呼ばれる特殊な栽培方法で育てられた玉露は、12年連続で農林水産大臣賞を受賞するなどの輝かしい受賞歴があり、日本有数の高級茶産地として全国的に知られています。
特に星野村の玉露は一等一席に輝いた日本一の伝統本玉露です。

精一杯の気持ちを込めた最高の母の日ギフトには星野村の八女茶がおすすめです。

【気仙茶】

気仙茶は太平洋岸のお茶の産地としては最北とされる岩手県陸前高田市や大船渡市で栽培されていて、「北限のお茶」と呼ばれています。
爽やかな渋みと甘みがあり、その甘みが口の中に余韻として残る独特な風味が楽しめます。
お茶の色は黄色みがかった緑色で、湯呑の底が見えるくらい透明感があります。

江戸時代から始まったお茶の栽培は明治初期には盛んになり、仙台方面に出荷されていたと言われています。
その後需要の低下に伴い、商品としてではなく自家用として作られるようになり、家族の結びつきや地域の年中行事の取り組みとしてお茶栽培が受け継がれてきました。

現在では「北限の茶を守る気仙茶の会」を中心に、東日本大震災で被害を受けた気仙茶を後世に受け継ぐ活動が行われ、お茶摘み作業やお茶会などが開かれています。
気仙茶は自家用で楽しまれるほか、地域のお茶専門店などでごく少量販売されていて、身近な場所ではなかなか入手できない希少なお茶です。

 

いかがでしたか。
お母さんにぴったりの母の日お茶ギフトは見つかりましたか。
名産地のお茶の特徴を掴んでお茶選びをすれば、美味しかった記憶がいつまでも残る、素敵な母の日プレゼントになるでしょう。

紹介させていただいたお茶以外にも、静岡茶や宇治茶などの日本三大茶と呼ばれる銘茶もおすすめです。
日本三大茶から選びたい方はこちらのコラムも参考にしてみてくださいね。

日本三大茶から選ぶお茶選びのポイント【母の日に贈りたいお茶選び】
美味しいお茶の入れ方(お茶を入れる手順と注ぎ方)
美味しいお茶の入れ方(お湯の温度と抽出時間)

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ