母の日プレゼントCAFE

母の日のプレゼントにカーネーションをもらったら・・・

カーネーションを長く楽しむための育て方

カーネーションを長く楽しむための育て方

カーネーションを長く楽しむために一番大切なのは、ズバリ!「日光に良く当てる」ことです!

カーネーションの花は咲いてから萎れるまでそんなに長くありません。
だからカーネーションを長く楽しむためには次々と花芽を作らせてやらなければなりません。

たくさんの花芽を作る条件としては日光が不可欠です。
出来るだけ多くの日光に当てて次々と花芽を作らせましょう!

では具体的な置き場所はどこが良いか。
それは、「東側もしくは南側の屋外で一番日の当たる場所」です。

明るい室内に置きたい人もいると思いますが、室内の明かりではカーネーションにとっては暗すぎます。
窓辺だと窓ガラスはUVカットなどの加工が施されているものが多いので花芽が作られにくいです。

花芽が作られる明るさは太陽光が一番だと言われています。
たくさん花芽を作らせるために屋外で育てましょう!

日光の次に大切なのが通気性を良くすることです!
カーネーションは高温になる場所や湿度が高い場所が大の苦手です。
花芽が作られにくくなるだけではなく枯れてしまうこともあります。

特にマンションのベランダやコンクリートの上に置く場合には熱が直接鉢に伝わってしまうので注意が必要です。

鉢の下に木製のスノコを敷いたりアイアンスタンドを用いて鉢の中に熱が伝わらないようにしましょう!
また、6月以降に気温が高くなったらスダレや遮光カーテンを利用して暑さ対策をしましょう!

次々と花芽が作れる環境を整えて長くカーネーションを楽しみましょう!

母の日プレゼントCafe おすすめ商品

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ