母の日プレゼントCAFE

母の鉢植え【母の日の深イイ話】

母の鉢植え

母へ

母には、嫁の助言もあり、結婚してからずっと、色とりどりの花の鉢植えを贈っている。
庭造りが趣味の母。花を贈ると、喜んで庭に埋めて
鉢植えはあっという間に、ほかの花々の仲間入りをする。

しかし、父と2人では家が広すぎるため、一昨年からマンションに引っ越し。
いまはベランダに少数精鋭の鉢植えが並んでいるため、
一昨年からどの鉢植えの花にするか、だいぶ迷ってから渡すようになった。

先日、実家に嫁と2人で立ち寄った際、
ふとベランダを見ると昨年贈った鉢植えがないことに気づいた。
何気なく聞いてみると、「あの子は養子に出したわよ」と。
嫁と2人で「え?」という表情を見せると、淡々と語ってくれた。

どうやら、夫婦でよく散歩に行く近くの緑道に、市民が参加できる花壇があり、
ある程度大きくなるとそこに移動しているよう。
昨年贈ったバラは、幹が太くなりしっかり根を張ったため、
「鉢替えをするのなら」と、その花壇に移動させたようだ。
5月には見事に花を咲かせて、両親だけでなく、近所の方々も喜んでいただけたそう。

今年は何を贈ろうか、さらに嫁と迷いながら、
ネットでベストな鉢植えを捜している。
実はまだ両親には伝えていないが、7年目にして待望の赤ちゃんを授かった。
来年は我が子も連れてその花壇を見に行けると思うと、
より愉しみが膨らんでいる。
初夏を思わせる、アジサイにしようか。「フェアリーアイ」「舞姫」「未来」など、多くの品種があるため、
選ぶこちらも楽しくなってくる。母もきっと喜んでくれるに違いない。

 

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ