母の日プレゼントCAFE

母の本音!母の日のプレゼントで本当にうれしいものとは?

母の本音!母の日のプレゼントで本当にうれしいものとは?

毎年悩んでしまう母の日のプレゼント。「ありがとう。嬉しいよ!」なんていつも言ってくれるけど、実際のところ本音はどうなの?と思ってしまうことも多いはず。今回は母の日にもらって嬉しかったものという母の本音を探ってみましょう。

HAPPY

☆好みのものを覚えていてくれた

子供から貰うものは何でも嬉しいけど、とりあえず贈ったという印象を受けてしまうことも多くありません。毎年カーネーションの鉢植えをとりあえず贈るより、お母さんの好きなものをプレゼントしてみませんか?例えばお花であれば、お母さんの好きな花を。ファッション小物や雑貨であれば、好きなブランドや色を「選んで」プレゼントしてあげましょう。暑い日に「新しい扇子が欲しい」、寒い日に「色の明るいストールが欲しい」など会話の中で言ったことを覚えてくれていて、プレゼントにもらった!なんて最高ですね。母の日にプレゼントに悩んだら、お母さんとの会話を思い出してみましょう。きっと隠されたヒントが眠っているはずです。

☆一緒に思い出づくりができた

物は要らないから一緒に食事をしたい、旅行をしたいというお母さんも。欲しいものを聞いた時に「何も要らない」「欲しいものがない」と答えるようなお母さんであれば、食事や旅行を提案してみるのも良いかもしれません。子供が大きくなればなるほどなかなか一緒に思い出を作ることができません。お母さんの好みを聞いて、好きなものを食べに行ったり、好きな場所に一緒にいってあげたりするだけで、物には変えられない素敵な思い出をプレゼントすることができます。一緒に出掛ける際は写真をいっぱい撮って、後からアルバムにしてプレゼントしたり、動画を撮ってDVDにして渡したりすると母の日の後もずっと楽しむことができます。

☆母も思いつかないようなサプライズ

毎年「何が欲しい?」と聞かれても、なかなか思い浮かばないというお母さんも。そんな時はお母さん自身も思いつかないようなサプライズをプレゼントするのはいかがでしょう?例えば、遠方に住んでいてなかなか時間を合わせることができない兄弟で集まり、母の日のサプライズパーティーを開催する、普段お疲れ気味のお母さんの様子を察してエステ券をプレゼントするなど、自分では考え付かないような贈り物は驚きと共に「私のことをいつも気に掛けてくれる」という心のこもったプレゼントになります。プレゼントというとどうしても物を買うことに走ってしまいがちですが、お金をかけなくても、手間をかけ、普段の感謝の気持ちを込めれば素敵なプレゼントになります。

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ