母の日プレゼントCAFE

義母への母の日プレゼント、初めて送るときは頑張りすぎないのがコツ!?

嫁姑関係を良好にするために!義母への母の日プレゼント、初めて送るときは頑張りすぎないのがコツ!?

義母へのプレゼントはどうしても悩むもの。実の母親と違い、情報がぐっと少ないのです。
旦那さんに聞いてみても「なんだったかな…」なんて返事が返ってきて、ちょっとがっかりしている方もいるかもしれませんね。しかし、誰しも最初のうちから相手の好みにぴったりのものを見つけることはできません。
それは当然のこと。この記事では、義母への母の日プレゼントはどんなふうに考えればいいのか、ちょっとした考え方のコツをご提案します。

mother6_2

義母への母の日のプレゼント、スタートは「花」でいい!

義母に渡すプレゼントは「年々変化させて好みに近づけていく」のがポイント。最初から義母が気に入るプレゼントを目指すのは非常に難しいので、最初は基本的なものでいいのです。その後、徐々に好みを組み入れたプレゼントにしていくようにします。

最初の頃のプレゼントとしておすすめなのは、やっぱり花。一概には言えないのですが、多くの女性はお花のプレゼントを好ましく思いますし、ご年配であるほどお花のありがたみを理解し、喜んでくれます。例えば、このような人気のお花であれば間違いありません。

【定番中の定番!安心のカーネーション】

カーネーション クレア

定番のカーネーションは「はずれ」がありません。赤もいいですが、最近はエレガントなピンクがプレゼントとしてよく選ばれています。

イイハナ・ドットコム「カーネーション クレア」

【華麗なピンクのアジサイ】

アジサイ フェアリーアイ

ちょっとリッチな感じのあるあじさい。他のあじさいと違い、ひとつひとつの花びらに長さがあります。ボリュームがあるので、お部屋に飾ったときの満足感もひとしお。

イイハナ・ドットコム「アジサイ フェアリーアイ」

基本から応用編へ、お菓子や小物に発展させる

基本であるお花を一度、あるいは何年か贈ったら、今度は「応用編」にチャレンジ。
お菓子や小物など、もし好みでなかったとしても、あまり迷惑にならないようなものを贈ってみましょう。
もちろん、普段からあまり甘いものを好まないならお菓子より小物、断捨離が好きで物が増えるのが好きではないならお菓子や切り花など、知っている情報に応じて柔軟に考える必要もあります。

◆お菓子のおすすめ
【京都 三源庵 丹波黒豆ロールカステラ】

京・伏見三源庵 黒豆ロールカステラ

緑茶にも紅茶にもコーヒーにも合う!健康によい&おめでたい黒豆がカステラのロールケーキに入っています。お好みで抹茶風味やゆず風味も。ふんわりして柔らかいので、硬いものがつらい方にも喜ばれます。

イイハナ・ドットコム「京・伏見三源庵 黒豆ロールカステラ」

【菓匠 花菓蔵 上生菓子詰め合わせ】

慶び紡ぎ合わせ箱「菓匠 花菓蔵 上生菓子詰め合わせ」

お菓子は好きみたいだけれど、どんなお菓子がいいのか迷う…そんな方のために大活躍のお菓子の詰め合わせ。どれもさくっと、ほろっと、絶妙な歯ごたえ。ちょっとしたお茶の時間がもっと輝きます。

イイハナ・ドットコム「菓匠 花菓蔵 上生菓子詰め合わせ」

◆小物のおすすめ
【nugoo 晴雨兼用折りたたみ傘】

「nugoo 晴雨兼用折りたたみ傘」

見る人がはっとするような、それでいて懐かしい日本を思わせるような模様の日傘。手ぬぐいから生まれた素敵な日傘です。手ぬぐいとはいえ雨の日に使っても大丈夫。これからの季節、活躍の場がたっぷり。

イイハナ・ドットコム「nugoo 晴雨兼用折りたたみ傘」

良好な嫁姑関係を保つには「疲れないこと」も重要なポイント

お付き合いを重ねる上で、何が好みかを徐々に把握していき、贈る物を変化させていく…そんな母の日のプレゼントの考え方をご紹介しました。義母とのお付き合いが進めば、よく会話にでるもの、自分が持っていて褒めてもらったものなどが思い浮かぶようになります。「あ、お義母さんこれが好きなんだ!」を発見していきましょう。絶対に気に入ってもらえるものを!と気負いすぎても疲れてしまうので、ほどほどに。感謝の気持ちを伝えたい、今後もよい関係を保っていきたい…そんな願いが少しでも伝わればいいのですから。疲れてしまわないことが、お互いの関係を良好に保つ重要なポイントです。

母の日プレゼントCafe おすすめ商品

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ