母の日プレゼントCAFE

母の日のプレゼントにユリをもらったら・・・

毎年花を咲かせるユリの育て方

毎年花を咲かせるユリの育て方

毎年花を咲かせるためのコツは、ズバリ!「花後の葉を育てる!」です。
花が咲き終わった後の葉を育てれば翌年も花が咲きやすくなります!

ユリの球根は花が咲き終わる頃になると力を使い果たして小さくなってしまいます。
球根にたくさんのエネルギーが蓄積されていないと翌年も花が咲きません。
だから毎年花を咲かせるためには球根にエネルギーを戻してやらなければなりません!

「しぼんだ花を摘む」「肥料をやる」「葉の付け根に出来る芽を取る」を行うとエネルギーが球根に戻りやすくなります。

【しぼんだ花を摘む】

花がしぼんだら花だけ(葉を切らない位置)を切り取りましょう!

しぼんだ花をつけたままにすると種が出来てしまいます。
種が出来るとエネルギーが種に奪われて球根が大きくなりません。

花びらが落ちてしまうとすでに種が作られ始めてしまいます。
花の色が悪くなってきたらなるべく早く切り取りましょう!

【肥料をやる】

肥料やりのタイミングは「花が咲き終わった後」と「芽が出始めた時」です!

「花が咲き終わった後」にやる肥料は花が咲く時に用土から使われた肥料分の補いです。
「芽が出始めた時」にやる肥料は成長に勢いをつけるためです。

「花が咲き終わった後」とは具体的には6~7月です。
「芽が出始めた時」とは具体的には3月頃です。

肥料は球根専用がBestですが草花用でも代用できます。
観葉植物用や植木用の肥料だと葉が茂るだけで花が咲きにくくなってしまうので気を付けましょう!

【葉の付け根に出来る芽を取る】

葉の付け根に出来る芽は「ムカゴ」と言って種と同じようなものです。

これをそのままにしてしまうとエネルギーが奪われて球根が大きく育ちません。
ムカゴは指でポロッと採れるので、見つけ次第すぐに取り除きましょう!

葉を育てる3つのポイントを押さえて翌年も見事な花を咲かせましょう!

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ