母の日プレゼントCAFE

母の日は感謝の気持ちを手紙で伝えよう!

母の日は感謝の気持ちを手紙で伝えよう!

母の日は、お母さんに普段言えない気持ちを伝える絶好のチャンスです。そのため、母の日のプレゼントとして、手紙を贈ろうと考える人は少なくありません。しかし、いざ手紙を贈ろうしても、どのようにすれば良いのか分からない人も多いでしょう。今回は手紙の書き方や贈り方について紹介します。

母の日手紙

☆プレゼントとしての手紙

母の日のプレゼントとして手紙を贈ることに、気恥ずかしさを感じる人は意外と多いです。また、お母さんに手紙を喜んでもらえるかどうかを不安に思う人もいます。しかし、そのような心配は不要といえるでしょう。お母さんは感謝の気持ちを伝えられると、きっと嬉しいはずです。もちろん、口頭で伝えても良いのですが、やはりプレゼントとして形の残る手紙の方が良いといえます。お母さんに心の中ではいつも感謝しているのに、普段はその気持ちを伝えられていない人は多いでしょう。子供の頃は素直に言えていたのに、成長するにつれて言えなくなった人も多いのではないでしょうか。そのような感謝の気持ちがこもった手紙は立派なプレゼントであるといえます。

☆手紙の書き方

面と向かっては言えない言葉でも、手紙であれば伝えられることはよくあります。しかし、普段あまり手紙を書かない人は、どのような文章を書けばよいのか迷ってしまいがちです。何も素晴らしい文章を書こうとする必要はありません。気持ちがこもっていれば十分なのです。それでも難しい場合は、「いつも美味しいお弁当を作ってくれて、本当にありがとう!」というように、感謝するポイントと言葉を一つずつ繋げて書けば良いでしょう。もう少し長くしたい場合は、冒頭と最後にそれぞれ一節ずつ付け足すと良いです。冒頭に付け足す場合は、手紙を贈ろうと思った理由などを書くと自然な文章になります。最後に付け足す場合は、「いつまでも元気でいてね」や「長生きしてください」などの締めの言葉を使うと良いでしょう。

☆手紙の贈り方

手紙の贈り方には数種類あります。最もスタンダードなのは、メッセージカードに書いて手渡しで渡す方法です。文章が書きやすそうなものを選んでも良いですし、お母さんが好きなデザインのものを選んでも良いでしょう。また、お母さんがスマートフォンを持っている場合はメールでメッセージを伝える方法もあります。ただし、普通のメールを使うと味気ないですし、気持ちが十分伝わらない可能性もあります。そのため、グリーティングカードを使用すると良いでしょう。スマートフォンにはメールで送信できるグリーティングカードを作成するアプリが沢山あります。また、グリーティングカードを作れるサイトもあります。それらを利用して、感謝の気持ちを込めたグリーティングカードを作成し、メールで送信すると良いでしょう。

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ