母の日プレゼントCAFE

母の日にフィナンシェをプレゼントするなら

母の日にフィナンシェをプレゼントするなら

フィナンシェのイメージ画像

フィナンシェはフランス生まれの焼き菓子です。
フランス語で「金融家」や「金持ち」を意味するフィナンシェは、フランスの金融街の一角で作られたと言われています。

フィナンシェはスーツを汚さずに素早く食べれるようにと考案されたと言われ、時間がなくてもササッと食べれる大きさと形をしています。
甘い物が食べたくてもゆっくりとした時間が取れないお母さんには、喜ばれる贈り物になるでしょう。

せっかくの母の日だから、こだわりのフィナンシェを贈りたいと言う方もいますよね。
代表的なフィナンシェの種類とおすすめポイントを紹介しますので、フィナンシェ選びの参考にしてみてください。

【プレーンフィナンシェ】

フィナンシェ独特のアーモンドとバターの香ばしい風味が楽しめます。
材料に発酵バターやアーモンドを自社工場で挽いたものを使っているこだわりのものが多くあり、天気や気温によって焼く温度を調整するなど、熟練の職人が丁寧に焼き上げています。
王道を好むお母さんにはプレーンフィナンシェがおすすめです。

【ショコラフィナンシェ】

生地にチョコレートパウダーが練り込まれてたダークブラウンのフィナンシェ。
バターやアーモンドの香ばしい香りとチョコレートの豊かな香りや甘みがふわっと口の中に広がります。
プレーンフィナンシェとセットにして贈れば、香ばしいアーモンドの香りと濃厚なショコラの香りの両方が楽しめます。

【フルーツフィナンシェ】

ブルーベリーやパイナップル、イチゴ、マンゴーなどのフルーツが生地にトッピングされたフィナンシェ。
ジューシーな果肉の食感がアクセントになり、フルーティーでリッチな気分が味わえます。
仕事で忙しいお母さんにフルーッな香りが引き立つフルーツフィナンシェを贈って癒しも一緒にプレゼント。

【抹茶フィナンシェ】

粉状に挽いた抹茶を生地に練り込んだ、深みのあるうぐいす色が特徴的なフィナンシェ。
ふんわりと抹茶のほろ苦い風味が香り、和と洋の絶妙な味がクセになります。
着物の似合うお母さんに贈りたい。

【クリームサンドフィナンシェ】

クリームを薄焼きのフィナンシェでサンドしたちょっと贅沢なフィナンシェ。
ブルーベリージャムやオレンジマーマレードなどが一緒にサンドされているものもあります。
菓子パン感覚で味わえるクリームサンドフィナンシェは甘い物好きなお母さんにピッタリです。

参考になりましたでしょうか?
お母さんに美味しいフィナンシェをプレゼントしてくださいね。

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ