母の日プレゼントCAFE

母の日に扇子をプレゼント!カーネーションと一緒に贈ろう!

母の日に扇子をプレゼント!カーネーションと一緒に贈ろう!

母の日には、カーネーションを贈るのが定番です。でも、少しの期間しか楽しめないお花だけでは、なんとなくプレゼントとしては寂しいものです。例えば、便利で普段使いできる扇子とお花を一緒にプレゼントするアイディアはいかがですか?選び方やプレゼントにぴったりの扇子をご紹介します。

扇子

末広がりの「扇子」は縁起がいい贈りもの

別名「末広」とも呼ばれる扇子。開いたときに先端が広がることから、終わりがなく繁栄を意味する縁起のいい品として知られています。結婚祝いや還暦祝いの際にプレゼントとして選ばれることも多く、母の日のお祝いにもぴったりの贈り物と言えるでしょう。

扇子の選び方

まず、母の日のプレゼントなので、扇子は女性用を選びましょう。女性用の扇子は、21センチ以下で男性用のものより小ぶりになります。また、長く使うことのできる質の良い扇子は、骨組みがしっかりしていることが特徴です。中骨に竹の表皮を使ったものは、丈夫で良くしなることから仰ぎやすいでしょう。また、扇子を広げて透かせて見た際に、扇の上の部分までしっかりと中骨が入っているか確認してください。空間が大きすぎると壊れやすい原因となります。布製の扇子は紙製のものに比べて耐久性があるでしょう。しかし、紙の扇子は、劣化した際に張り替えをすることができ、職人の手作業で作られた味わいがあります。好みのデザインで選ぶことがポイントです。

名入れしてオリジナル扇子を贈ろう

贈りたい扇子が決まったら、名入れをしてオリジナルの扇子にしてみてはいかがでしょうか?「舞扇堂」では、豊富な種類の扇子から好みの一つを選ぶことができ、オプションで名前の刻印を入れることができます。外側にくる一番太い骨部分に名前を入れるので、わかりやすくワンポイントになるでしょう。また、レーザーで刻印するので、美しい仕上がりが特徴です。くずし文字かブロック文字で選ぶことができ、アルファベットや数字も選ぶことができます。名前以外にイニシャルなどを刻印しても素敵ですね。「白竹堂」では、オリジナルの生地を扇に使い、紙に絵や文字を書いてオリジナルの扇子を作ることができます。内容により価格や出来上がりの日数が異なるので、事前に問い合わせが必要です。

扇子入れも一緒に!扇子セットがおすすめ

扇子は、鞄の中に入れて持ち歩くことが多いでしょう。扇子を入れておくことのできるケースや袋とセットになったものを贈ると便利で喜ばれます。「舞扇堂」の雫月(しずき)は、扇子袋とセットになっている女性用の扇子。黒、白、ピンクと3色あり、好みで選ぶことができます。扇子のデザインと合わせた扇子袋には、高級感のある刺繍が施されているのが特徴です。また、「KAKURA」の黒扇子とレッドケースは、和装と洋装どちらにも合う少しモダンなデザインです。黒の無地の扇子に専用の真っ赤なレザーケースの組み合わせ。皮のケースは、長く使うほどに味わいが出るでしょう。ケースの後ろ部分には、小さな穴があり、扇子を簡単に押し出すことができます。

コンパクトで持ち運びがしやすい扇子。夏の暑さ対策や冠婚葬祭など、使えるシーンも多いので一つは持っていたいものです。また、古典柄やモダンなデザインなど、豊富なデザインから選びやすいのも嬉しいポイント。ぜひ、母の日には、カーネーションと一緒に扇子もプレゼントしてみてはいかがですか?

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ