母の日プレゼントCAFE

どれにする?母の日にオシャレな帽子をプレゼントしよう!

どれにする?母の日にオシャレな帽子をプレゼントしよう!

母の日のギフトに頭を悩ませている方が多いのでは?定番のお花もいいですが、普段の生活で使うことのできる帽子をプレゼントしてみてはいかがですか?機能性が高く、おしゃれな帽子は、ファッションアイテムとして注目もされています。プレゼントにする際の帽子選びのポイントや気になるデザインを機能別にまとめました。

帽子

1. お母さんのために帽子を選ぶときのポイント

帽子は、デザインや素材によってその機能性も様々。お母さんの日頃の生活で取り入れやすいものを選ぶことがポイントです。カラーは、ホワイトやベージュ、ブラック、ネイビーといった洋服に合わせやすい色を選ぶと良いでしょう。また、プレゼントとして購入する場合、試着ができないので事前に他の帽子でサイズを調べておく必要があります。帽子によってはアジャスターが付いているものもあるので、サイズがわからない場合は便利です。

2. 紫外線対策に!UVカット帽子

紫外線は、春から夏にかけて一番強くなります。1年を通して対策することが大切ですが、春夏の紫外線を最も浴びやすい時期は、日焼け止めだけでなく帽子をかぶってしっかりとカバーするのがオススメです。紫外線対策には、UVカットが施された帽子が良いでしょう。オーストラリアの皮膚がん財団から認定を受けている「サングローブ」のハットは、紫外線カット率がUPF50+。シンプルなデザインでどんな洋服にも合わせやすいリンネルハットが人気です。

3. 小顔になれる、つば広ハット

別名「女優帽」とも呼ばれるつば広ハット。トレンドアイテムとしても注目されています。なんだか取り入れるのが難しそうな感じがしますが、実はどんなお洋服にも合わせやすいのが特徴です。いつものパンツスタイルに合わせれば、女性らしい感じに見せることができ、スカートと合わせると少しマニッシュな雰囲気になるでしょう。コーディネートのアクセントとして役立ちます。さらに嬉しいポイントは、つばがあるので、小顔に見せてくれる効果があること。「田中帽子店」が作る女性用麦わら帽子は、フィット感がよく、長時間かぶっていても疲れないのが人気のポイントです。参考にしてみてはいかがでしょうか?

4. 持ち運びやすい!折りたたみ帽子

荷物が多く、移動が多いアクティブなお母さんには、コンパクトに収納できる帽子がオススメ。折りたたみ帽子は、折ってもシワになりにくく、型崩れの心配がありません。「帽子屋クイーンヘッド」のサイドリボンQueenハットは、涼しげな素材で、カラーバリエーションが豊富な人気の折りたたみ帽子です。かぶり方やお洋服とのコーディネートでカジュアルにもエレガントにもなるので便利。つばに入っているソフトワイヤーが常に美しい帽子の形をキープしてくれます。「帽子店 サンズマーケット」のグログランリボンストローハットもオススメです。柔らかなペーパー素材は、夏にぴったりの帽子といえるでしょう。クルッと丸めて収納できるので持ち歩きに便利です。

5. 趣味に使えるサンバイザー

ガーデニングや、テニスやゴルフといったスポーツをしているお母さんには、サンバイザーを選んでみてはいかがでしょうか?サンバイザーは日よけ帽子の一つで、つばの部分のみを大きくデザインしたものです。サングラスがかけにくいといったときに、目や顔を紫外線から守ってくれる役割を果たしてくれるでしょう。紫外線をカットするものや光を反射するミラー素材、角度の調節ができるものなど、多様な種類が揃っています。例えば、「雑貨屋さん MariaMaria」の首までガードバイザーは、用途によってかぶり方を変えることができる便利な2way仕様です。着脱式のフードは、意外と日焼けをしてしまう首元までカバー。シーンや天候によって使い分けることができます。また、麻素材の涼しげなサンバイザーは、小さく丸めて収納が可能です。海やアウトドアでさっと取り出して使うのにぴったり。髪型の崩れの心配が少ないサンバイザーは、身だしなみを気にする方にもオススメです。

夏の熱中症対策にも欠かせない帽子。母の日にプレゼントをしたらきっと喜んでもらえるでしょう。お母さんの普段の生活や好みを考えて選ぶことがポイント。ぜひ素敵なデザインの帽子を探してみてはいかがでしょうか?

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ