母の日プレゼントCAFE

母の日のプレゼントに、本当に喜ばれる財布選びのポイント

母の日のプレゼントに、本当に喜ばれる財布選びのポイント

母の日財布1

母の日に贈るプレゼントはいろいろありますが、もっとも喜ばれるプレゼントのひとつがお財布です。いつも持ち歩くものですし、使いやすさや見栄えはそれぞれのこだわりが大きく影響するもの。「どうせ持つならよいものを持ちたい」と喜ばれるアイテムなのです。では、母の日のプレゼントとしてお財布を贈る場合には、どのようなことに気をつればいいのでしょうか。お母さんがもらって嬉しいお財布をご紹介します。

母の日までにちょっと見てみて!お母さんがいま使っているお財布のタイプは?

お札を折り曲げずにしまうことができる「長財布」、バッグの中でも邪魔になりにくいコンパクトな「二つ折り財布」「三つ折り財布」。小銭入れの部分がファスナーだったり、がま口だったり。お財布にもいろいろな種類があります。
もし、お母さんにサプライズでお財布をプレゼントしようと考えているのなら、普段からどんなものを好んで使っているのか少し前からチェックしてみましょう。一緒にお買い物に出かけたとき、食事に出かけた時などはチャンス!あるいは「最近お財布を替えようと思っていて…、お母さんはどういうお財布を使っているの?」とお財布を見せてもらってもいいかもしれません。「私はこういうのなんだ」と自分の財布を見せながらお話してもいいですね。お財布に関するお母さんならではのこだわりが聞き出せるかもしれません。

このポイントを押さえればOK!どんなお母さんにも気に入ってもらえる財布とは

母の日財布2

だいたいこのタイプのお財布がいいらしいけど…とわかったら、お財布探しをはじめましょう。実際に手に取れるようであれば、

・お札の出し入れはしやすいか(お札入れ部分の深さは十分か)
・カード入れはたくさんあるか(カードが入りやすい大きさになっているか)
・傷みやすい材質ではないか、既に傷がついてしまっていないかどうか
・ファスナーやがま口は開け閉めしやすいか
・手に持った時、持ちにくさを感じられないか

なども確認 します。インターネットで購入する場合には、購入者のレビューがとても参考になります。レビューの中から、こういった情報を上手に探し出しましょう。十分にレビューがない場合には、店舗に問い合わせしてみるのもひとつの方法です。

とはいえ、100点満点のお財布というのは、なかなかありません。「お母さんが何を重視しているか」ということを考え、材質や品質、使いやすさ、価格のバランスを考えて購入しましょう。今回ちょっと合わないものであったのなら、「じゃあ次はこういうのにしてみようか」と次の贈り物に繋げることもできますよ。

案外喜ばれる!メインとは別に使う「ミニ財布」

母の日財布3

お財布はお財布でも、普段持ち歩くお財布とは別に一味違う「ミニ財布」を贈ってみませんか?メインとは別に、もっとお荷物を減らしたい時などに使う小さなお財布です。「セカンド財布」という呼び方でもいいかもしれません。ちょっとしたお散歩の時、スポーツの時、ご近所の公園で孫の面倒をお任せする時など、「お財布全部は必要ないけれど、少しお金がないと困るかも…」という時にぴったりなのです。少し上質なものなら、結婚式に参列する際など小さなバックにも入るのでいいですよ。

【パステルカラーがカワイイ手のひらサイズの馬革小銭財布】

【馬革 手の平サイズの小銭入れ/大丸松坂屋】
こんなに小さいのに機能的!パステルカラー、コロンとした形が可愛さと上品さをかもしだしています。馬革なので、使えば使うほど味が出てくる点もおすすめ。

【上品な色合いの合皮にキルティングステッチを施したFranFranのミニウォレット】

ニーナ ミニウォレット ピンク/FranFran
根強い人気のキルティングスティッチがとてもオシャレ。ぽいっとバッグに納められる気軽さが、多くの女性に支持されています。バッグも軽くなりますね。

【人気の雑貨デザイナー「シンジカトウ」によるキュートながま口二つ折り財布】

レザーがま口二つ折り財布(ディズニー)/ベルメゾン
本革をはっきりした色合いで仕上げたミニ財布。ちょっとクラッシックな雰囲気のくまのプーさんは、幅広い年代に似合う愛らしさを持っています。

可愛いくて上品さもあわせもつものならきっとお母さんに気に入ってもらえるはず。「へえ!いいじゃない!」が聞ける母の日、母の日プレゼントcafeが心から応援します!

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ