母の日プレゼントCAFE

ダイエット中のお母さんに贈りたい人気の和菓子ランキング

ダイエット中のお母さんに贈りたい人気の和菓子ランキング

ダイエット中のお母さんに贈りたい人気の和菓子ランキング

母の日に贈るお菓子と言えばケーキやバームクーヘンなどの洋菓子を思い浮かべる方が多いと思います。
でも、意外と生クリームやチョコレートなどの甘さが苦手なお母さんは多く、そう言ったお母さんにはあんこやお米を使った甘さが控え目な和菓子が好まれます。

和菓子は洋菓子に比べて甘さが控えめなだけでなく、比較的低カロリーなものが多いと言われていて、実際に和菓子と洋菓子の代表的なお菓子を100g当たりで比べてみても、どら焼き/約284㎉、練り羊羹/約300㎉、ねりきり/約265㎉に対し、ショートケーキ/約350㎉、バームクーヘン/410~450㎉と圧倒的に和菓子の方が低カロリーなのがわかります。

クリームのようなまったりとした甘さが苦手だったり、ダイエットを気にしているお母さんには、母の日に和菓子を贈ると喜ばれるでしょう!
母の日に人気があり比較的低カロリーな和菓子を、ダイエットに役立つ情報も盛り込んでランキング形式で紹介しましょう。
※カロリー計算は一般的なものの目安です。

【1位 どら焼き】

どら焼きのイメージ

母の日ギフトで人気の定番和菓子と言えばやっぱりどら焼き。
なめらかでふんわりとした生地にたっぷりとあんこが詰められたどら焼きを一口食べただけで、思わず笑顔がほころびます。
あんこと一緒に栗や餅、生クリーム、プリンなどが挟まれているものもあり、まずはあんこの部分だけ食べてから栗や餅が入った部分を食べれば、2倍の楽しさが味わえます。
どら焼きは低カロリーですが腹持ちが悪いと言われているので、多少カロリーは高くなっても生クリームやプリンなどが入っているものを選べば、腹持ちが良くなり満足度が高まります。
(約284㎉/100g当たり、170~320㎉/1個当たり※あんこの量によって異なります)

【2位 羊羹・練り羊羹】

羊羹・練り羊羹のイメージ

しっかりとした歯ごたえにしっとりとした舌触り、もっちりとした食感と3拍子揃った練り羊羹は、渋めに入れたお茶と相性が良く、和菓子好きにはたまりません。
じつは、羊羹とお茶の相性は味だけではなくダイエットにも効果があると言われているんです!
羊羹の主原材料となっている小豆は脂肪の代謝を助ける栄養を含み、抹茶や玉露には血糖値の急な上昇を抑えてくれる働きがあると言われていて、ダイエット中のお母さんにはとても良い組み合わせなんです。

母の日には、春の季節にしか入手できない桜の花びらが練り込まれた羊羹と抹茶や玉露とを一緒に組み合わせて贈れば、季節の味とダイエットに効果的なベストマッチの母の日ギフトになるでしょう。
(約300㎉/100g当たり、約148㎉/食べきりサイズ)

【3位 ねりきり・生菓子】

ねりきり・生菓子のイメージ

茶道の主菓子やひな祭りのお菓子として親しまれているねりきりは、白あんに求肥(ぎゅうひ)やツクネイモを混ぜて練った上生菓子です。
ピンクや黄色、紫などやわらかい色のあんこを使い、桜や梅の花、鳥、うさぎなどの形に細工が施されたねりきりは、まさに熟練の和菓子職人が織りなす芸術作品です。
ねりきりは白あんのあっさりした上品な甘みと主張しすぎない風味が楽しめ、少しだけ甘いものが食べたいと思うダイエット中のお母さんにはピッタリの和菓子です。

母の日にはカーネーションやバラ、アジサイなどの形に細工が施されたねりきりと一緒に実物のお花をセットにして贈れば、おしゃれな母の日ギフトになるでしょう。
(約265㎉/100g当たり、約120㎉/1個当たり)

【4位 大福】

大福のイメージ

大福はその名前から、福をもたらす縁起の良い和菓子として母の日ギフトに人気があります。
大福は1個当たりのカロリーが約192㎉と、あんこがたっぷり使われているわりには比較的低カロリーで、腹持ちが良く食物繊維を含み、脂肪が合成されるのを防ぐ働きがあるため、ダイエットには効果があると言われています。
また、豆大福は普通の大福よりカロリーは高めですが、普通の大福に比べてさらに腹持ちが良く、満腹感が持続するから間食が減ると言われています。

母の日には桜の花びらが飾られた桜大福や、イチゴが丸ごと入ったイチゴ大福などのプチ贅沢な大福を贈れば、見た目にも味にも満足度が高まり一層ダイエットに拍車がかかるかもしれません。
(約235㎉/100g当たり、約192㎉/1個当たり)

【5位 まんじゅう】

まんじゅうのイメージ

まんじゅうには皮に小麦粉と黒砂糖を使った「茶まんじゅう」や、ナガイモと米粉を使った「上用まんじゅう」、酒母(しゅぼ)を使って小麦粉の生地を発酵させた「酒まんじゅう」などがあります。
小麦粉を使っている茶まんじゅうや上用まんじゅうは、同量のシュークリームと比べるとカロリーは高めですが、脂質が圧倒的に低い分、体に脂肪として残りにくいと言われています。

母の日にはカーネーションの模様が描かれているものや、「ありがとう」の焼き印が押されているものを贈れば、お母さんへ特別な思いが伝わるでしょう。
(約275㎉/100g当たり、約132㎉/1個当たり)

いかがでしたでしょうか。
ダイエット中のお母さんに和菓子を選ぶ時の参考になりましたか。

和菓子はダイエットに効果がある栄養が含まれているとしても、食後のデザートとして食べてしまうと脂質と糖質を同時に摂ることとなり、ダイエット効果が期待できなくなってしまうと言われています。

小腹が空いた3時のおやつとして、濃厚な香りのお茶を楽しみながら美味しい和菓子をいただけば、お腹も心も満たされて、ダイエット効果が高まるかもしれません!

人気記事ランキング

  1. 母の日っていつ?何日?

    2016年今年の母の日は何日?いつから、いつま…

    2016年今年の母の日は、5月8日(日)です! 毎年日にちが変わる母の日。 年に…

  2. 義理のお母さんには何をあげたらいい

    お義母さんには何をあげたらいい?

    母の日のギフトとして20〜30代の「子ども世代」から、50〜60代の母へ花を贈ることは一般化…

  3. 二人の母の日

    二人の母の日

    55歳を迎える私は、自分の奥さんの誕生日や記念日には、結構贅沢に祝ってきたと自負して…

サポート企業

ページトップへ